ドリップコーヒー

ペーパードリップは中心付近にゆっくりとお湯を入れる

ペーパードリップはたまに使います。普通のコーヒーマシーンでコーヒーを落とすと量を多く作り過ぎてしまうため、一杯しかコーヒーを飲みたくない時はペーパードリップを使用します。

まずコーヒーのペーパーをセットし、コーヒーを中にいれます。私はコーヒーを買った時についていたスプーンを使っています。このスプーンは大体、大さじ一杯くらいの大きさのスプーンです。私はスプーン一杯よりも少し少ない程度のコーヒーをペーパーに入れます。

そしてお湯を落としていくのですが、ここにコツがあります。ゆっくりと時間をかけてお湯を落とします。そして、ドリップの中にあるコーヒーの隅々までお湯が行き渡るように、お湯を回しながら中心付近に入れます。そして少しお湯を入れて、コーヒーの表面がひび割れするまで待ちます。そして次のお湯を落とします。この作業を怠ると、コーヒーが薄く、香りがないものになってしまいます。急いでいると一気にお湯を落としたくなりますが、そうするとマグカップからお湯が溢れてしまうので、大変危険です。私はペーパードリップを使い始めた時に、何回かやってしまいました。

朝にこの作業をすると、その時だけ時間が止まったような感じがして、優雅です。