ドリップコーヒー

ドリップコーヒーは水と入れ方が大切

おいしいドリップコーヒーを作るのにはいろいろ工夫することが大切です。まず水から考えてみましょう。水道水よりもミネラルウォーターやウォーターサーバーなどの水を利用するほうがおいしいです。水に炭を入れておくのも良い方法です。そしてやかんなどで水を沸騰させます。しかし沸騰したお湯をすぐに注いではいけません。ドリップコーヒーの粉が煮たってしまい味がおちてしまいます。

沸騰したら5分程度弱火でコトコトさせてから火を止めて3分から5分程度待ちます。飲むコーヒーカップにお湯を注いで捨てます。こうすることでコーヒーの温度が下がるのを防ぎます。そしていよいよドリップコーヒーにお湯を注いでいきます。お湯を注いでいくときも一気に入れずに少しずつ回すように注いでいきます。お湯を注いだらお湯が完全に下へ落ちるまで待ちます。

完全に落ちたらまた少しずつ回すようにお湯を注いでいきます。使いきりのドリップコーヒーはいいのですが粉を保存する場合は蓋が完全に閉まるものにしましょう。プラスチック容器より缶や瓶のほうがドリップコーヒーを保存するのにむいています。

粉が湿気ると味がおちてしまうので乾燥剤なども一緒に入れておくほうがよいでしょう。