ドリップコーヒー

ネルを使って入れたコーヒーはまろやかな味で格別

コーヒーが好きな方なら聞いたことがあると思いますがネルドリップと言う言葉を聞いたことあるでしょうか?コーヒーの抽出方法の一つでまろやかな味わいがあります。

現在は綿のフィルターを使う方のが多いかもしれませんが、元々はネルドリップのネルはネルシャツの生地でもある羊毛織布からきているようです。ネルは手入れが大変ですが、ネルドリップで入れたコーヒーはまろやかな味でとても飲みやすく格別です。

ネルを使った美味しいコーヒーの入れかたを簡単にご紹介します。一味違ったコーヒーを楽しんでみたい方はぜひ挑戦してみて下さい。

【ネルドリップの仕方】
・ネルに水分があると味に影響があるので良く拭き取ってください。
・人数分に合ったコーヒーの粉をネルに入れます。
・80度のお湯を粉を濡らす程度に大胆に注ぎます。
・20~30秒待ち粉をふやかします。
・20~30秒経ったら『の』の字にお湯を注ぎ人数分の量になるようにお湯を注いでいきます。

蒸らしの段階で味が7割りほど決まってくる大切な作業なので焦らずゆっくり作業しましょう!

手順も多くあり、なかなか大変かもしれないですが大変なものこそ可愛かったりするので、自宅で美味しいコーヒー飲みたいなと思ったら、ネルドリップでひと味違ったコーヒー入れてみてはいかがでしょうか。