ドリップコーヒー

焙煎したてのコーヒーは格別!好みで浅炒り、中炒り、深炒りを選ぼう!

コーヒーは焙煎の度合いによって様々に味が変化します。浅炒り、中炒り、深炒りと大きく分けて3つの焙煎の度合いにわかれるのですが、浅炒りは、酸味が強く、深炒りは苦みが強いのが特徴です。日本で広く一般的に飲まれているのは、中炒りです。

このように、コーヒーは焙煎の度合いにより、味がかなり変わりますので、ご自分の好みの味に焙煎して貰うと、より美味しいコーヒーを入れる事が出来ると思います。

また、焙煎したてのコーヒーの方が香りが強いです。ですから、コーヒー豆の味をよりダイレクトに味わうには、焙煎したてのコーヒーが一番でしょう。

その為に、市販の焙煎済みのコーヒー豆を買うよりも、自家焙煎の方が新鮮なコーヒーを味わう事が出来るのです。

ただし、自家焙煎は焙煎の度合いを見極めるコツもいるので、経験がない人が自宅でするのは難しいかもしれません。

その場合は、自家焙煎コーヒーを扱っているお店にいくのが良いと思います。コーヒーは焙煎してから時間が経過するごとに味が落ちてきます。

やはり焙煎したてのコーヒーを味わう事が、コーヒーの醍醐味であり、贅沢でもあります。一度焙煎したての味を知ってしまうと、もう市販の焙煎豆では満足できなくなるかも知れませんね。